« ヒトラー ~最期の12日間~(DVD) | トップページ | 2000 BEST/原田知世 »

香水―ある人殺しの物語 /パトリック・ジュースキント(著)

この小説、映画化されるそうです。公式サイトはこちらから
邦題は『パフューム ある人殺しの物語』。
スティーブン・スピルバーグマーティン・スコセッシらがその映画化権を熱望し、最も映画化の待たれる作品として永くその座に君臨してきた“幻の小説”。
映画化するに当たり、”香り”をどう表現するのか?非常に楽しみです。

ちなみに私、この小説買って来ました。まだ途中読みなのですが(もうすぐ読み終わります)、非常に面白い。
ただ、当時のヨーロッパの環境を理解しながら読まないと、戸惑っちゃいます。
しかし、読む価値あり!興味おありの方はぜひチャレンジしてください。一気にスイスイ読めちゃいますよ。
(追記:読み終えました。最後に行くほど面白い!奇想天外な話ですが、納得できるラストで、本当にオススメ!)

人殺しで思い出しましたが、私が高校生の時に自宅近くで起きた殺人事件結局犯人が見つからないまま時効成立しています(2003年3月18日)。
猟奇殺人だったので、当時は大変だったんですよ。新聞には一面にデカデカ載るし。

私のウチにも刑事が二回来ました。
どういうわけか私がシャワー浴びている時に必ずやってくるのです(笑)。
のび太くんが『どこでもドア』を使うと、なぜかシャワーを浴びているしずかちゃんのところに現れるのと一緒です。
『のび太さんのエッチぃ』って感じです(笑)。
あれは何なのだろう?のび太くんの願望を叶えているのでしょうか?どこでもドア、侮りがたし(笑)。


ドラえもんとのび太くんとしずかちゃんの混浴シーンをどうぞ。

それにしてものび太くんは、しずかちゃんの裸程度で欲情するのでしょうか?
だって小学生ですよ。出るところは出ていないし、フェロモンなんてものには無縁でしょう。ドラえもんとは縁があったようですが(笑)。
私なら誰の入浴シーンを覗きたいかな?杉本彩がいいかな?ポンキュッポーンってスタイル。セクシーです。グラマーです。ナイスバディです。
きっと彩姐さんは、覗かれても『キャッ』とか『イヤー』とか『アーレー』とか言わないんでしょうね。
『しょうがない子ねぇ。こっちへいらっしゃぁい♪』
おお、さすが彩姐さん。自称『クリエイティブなヘンタイ』なだけあります(笑)。
一回入浴シーン覗きたいなあ♪

・・・と、猟奇殺人の話をしていたはずなのに、覗きの話になってしまうとは(笑)。
ともかく我が家に刑事さんが二回やってきたんです。当日のアリバイなんて聞かれたりして、腰にタオル巻いた状態で、玄関先で一生懸命説明しました。
さすがに寒かった~(笑)。風邪引くかと思った。

そういえば10年以上前に「マーダー・ケースブック」という雑誌(?)が発売されていました。
その近所の事件が原因かどうかは分かりませんが、当時の私は殺人事件簿とかプロファイリングとかが好きだったので、毎週「マーダー・ケースブック」を買って読んでいました。
当時付き合っていた女性には「趣味悪~い」と気味悪がられていましたが(笑)、いいじゃん、私が何を読もうが。
杉本彩姐さんの官能小説読んでいるよりマシでしょ(笑)?

私は「ローズマリーの赤ちゃん」という映画を子供のときに観まして、非常に大好きな作品の一つなのですが、この映画の監督がロマン・ポランスキー
この監督の奥さんがシャロン・テート。とてもキレイな女優さんだったのですが、妊娠8ヶ月でチャールズ・マンソンの手下に虐殺されております
子供のときにその事実を知り、それ以来チャールズ・マンソンは私の中で鬼畜なのであります。
おそろしや、おそろしや。

|

« ヒトラー ~最期の12日間~(DVD) | トップページ | 2000 BEST/原田知世 »

コメント

刑事って同じことを何度も聴くでしょ。
相手の反応や矛盾が出ないかを確認しているのかな。
古畑警部と同じですね。

ひとりも以前に住んでいたマンションで不審者による傷害事件があった時にしつこく聴かれました。
日を改めてもう一度。次は別の刑事が。3回目の刑事には「もう何度も言いました!!」って言ったら「すいませんでした」って退散しました。

ところで今日は愛知県知事選。全国が注目していますね。
あおぽんさんの一票が勝敗を左右するかも。
ドラゴンズの選手やスタッフの内、いったい何人が不在者投票したでしょう。ゼロだったりして(笑

投稿: ひとり | 2007/02/04 13:47

ひとりさん、こんばんは。

実はおっしゃるとおりで、刑事さんは前回聞いたことをわざともう一度聞くのだそうです。
矛盾点を探すらしいのですが、当時の私もきっと容疑者のひとりだったのでしょう。
おそらくひとりさんのマンションに来た刑事さんも、そういうことだったのでしょう。

知事選、行ってまいりました。
ただ、白票で出しました。それが私なりのポリシー。
よほど立派な候補者が現れるまで、そうすることにしております。
ドラゴンズのメンバーは、きっと不在者投票を済ませたのでしょう。きっと。
あれ?福留って自主トレ先から直接沖縄入りしたんでしたっけ?ひょっとして・・・?

投稿: キングあおぽん | 2007/02/04 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85754/13688830

この記事へのトラックバック一覧です: 香水―ある人殺しの物語 /パトリック・ジュースキント(著) :

» オンりんショッピングサイトです。 [Bolche as]
人気〜マイナーグッズなどいろんな商品を集めたオンライングッズ紹介サイト [続きを読む]

受信: 2007/02/04 09:07

« ヒトラー ~最期の12日間~(DVD) | トップページ | 2000 BEST/原田知世 »