« ふぞろいな秘密/石原真理子 | トップページ | 白いレガッタ/ザ・ポリス »

納豆の快楽/小泉武夫 (著)

納豆が品薄になっているそうで。
「発掘!あるある大事典(2)」で放送されたのがきっかけだそうですが、テレビに関係なく毎日納豆を食べていた方々には迷惑千万な話。
大体朝晩一パックずつ納豆食べて痩せるなら、運動なんて誰もしなくなっちゃう。ブームに乗っかるのもいいですが、日々の健康的な生活に気を配った方がいいと思うのですが・・・
しかし、テレビの影響力ってスゴイな~。

それはともかく、我が家の朝食にも時々納豆が登場します。
毎日食べると飽きるのですが、しばらく食べないと無性に食べたくなる朝ごはん。それは納豆ごはん。
・・・キライな人にはわからないんだろうな(笑)。案外美味しいんですけどね。

でも正直言って、私は朝食は漬物などで軽く済ませるのが好きです。納豆は栄養満点で魅力的なのですが、決定的ではないのです。
美人だけど恋愛対象にならない女性と似ています。納豆は朝食界のベッキーみたいなものです(笑)。

二日酔いの朝など、納豆を食べるとあの匂いで「うえっ」となる時はあります。
胃弱な私は、朝からヘビーな食事はできません。
例外として牛丼だけは好物なので朝から食べれます(笑)。だって美味しいんだもん。
納豆って、ライトとヘビーの間くらいの位置づけになるのでしょうか?ひょっとしたらあまり朝食には向いていないのかもしれません。
大体匂いもキツイですしね。想像してください。朝早く、向うからあなたの大事な彼女が駆け寄ってきます。
「おはよう~♪」と駆け寄る彼女が納豆臭かったら、チューしたいと思いますか?
そしてその彼女の口が、納豆のネバネバで糸引いていたら!100年の恋も冷めてしまいます。

でも例えば、彼女の家で二人で「手巻き寿司パーティー」をするとします。
きっと納豆巻きも食べるでしょう。この時彼女のホッペに納豆が一粒。
お弁当が付いているよ(と言って、それをつまんで食べる)」
キャー、恥ずかしい~(と頬を赤らめる)」
で、お刺身を箸で掴もうとして、ツルッと滑り落ちて「あ、この刺身まだ生きてるジャン」とか(笑)。
彼女との仲がより一層深まること間違いなし。納豆が取り持つ仲。糸を引くほど長いお付き合いになることでしょう(笑)。

まあともかく、私は納豆に付属のだし汁と辛子を入れてよく混ぜていただきます。
たまにカツオ節や梅肉などを混ぜることもあります。とても美味しいです。
もうちょっと納豆の魅力を語りたかったのですが、長くなりました。またの機会に。
皆さんのオリジナルな納豆の召し上がり方がありましたら。教えてくださいね~。

追記:
「あるある大辞典2」の捏造が発表されました。
番組を信じて納豆を毎日食べた皆さん、本当にお気の毒さまでした。
フジテレビと製作会社は、社会的制裁を受けるべきだと思います。

|

« ふぞろいな秘密/石原真理子 | トップページ | 白いレガッタ/ザ・ポリス »

コメント

キングあおぽんさん、こんにちは。

>お弁当が付いているよ

今でも通じるのでしょうか(笑)。

投稿: Fly2theMoon | 2007/01/17 15:40

Fly2theMoonさん、こんにちは。

古かったかしら?今でも私は使いますよ。
凍りついたような空気になる時はありますけどね(笑)。

投稿: キングあおぽん | 2007/01/18 10:13

九州在住の関西人ころんでございますが、関西人といえども私は納豆大好きであります。普段は納豆に付属しているタレとからしを入れてますが、コチュジャンとごま油もいい感じです。キムチを混ぜるというのもイケてますよ。で、納豆はご飯にかけるのではなくて、おかずみたいに別々に食べるのが好きです。

投稿: ころん | 2007/01/18 12:29

ころんさん、こんにちは。

お、納豆お好きですか。関西の方にしてはお珍しい。
ひょっとしてたこ焼きキライとか(笑)?
コチュジャンですか!それは意外です。おいしそうですね。
キムチ納豆は私もやったことあります。あれは酒の肴に頂きたいです。
私もごはんとは別にして食べるの、好きですよ♪

投稿: キングあおぽん | 2007/01/19 12:25

キングあおぽんさん、こんにちは。

私は両親が関西よりも南の出身で、子どものころ納豆をあまり食べた記憶がないのです。おいしさがわかったのは社会人になってからです。それでも、大好物、というわけではなく、私はどちらかというと健康のために食べます。家族は納豆大好きなので、しょっちゅう晩御飯に出します、出すだけで一品なのでラクですね。

投稿: たもと | 2007/01/19 21:07

たもとさん、こんばんは。

このニュース、見ました?
http://www.daily.co.jp/newsflash/2007/01/20/0000220426.shtml

本当に困ったものです・・・。

ところで納豆が好物なら、そりゃあ朝食は楽でしょうね。
健康のためには、納豆はご飯にかけずに食べましょう。60度以上の温度になると、納豆の健康の素のナットウキナーゼは破壊されてしまいます。

納豆とナメタケを混ぜて食べると美味しいですよ~!

投稿: キングあおぽん | 2007/01/21 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85754/13454819

この記事へのトラックバック一覧です: 納豆の快楽/小泉武夫 (著):

« ふぞろいな秘密/石原真理子 | トップページ | 白いレガッタ/ザ・ポリス »