« ミート・イズ・マーダー/ザ・スミス | トップページ | noriの決断―中村紀洋のフルスイング野球人生 /中村 紀洋 (著) »

戦力外ポーク/ゲッツ板谷(著)、西原理恵子(絵)

前回の続き。何の肉が一番美味しいか検証を続けましょう。
牛肉ときたら、次はやはり豚肉でしょう。正攻法ですね。
今では「鹿児島の高級黒豚」や「プラチナポーク」などブランド豚がいっぱい出てきたので、牛肉の代用品などではなく、豚肉が堂々と献立に上がるようになりました。
豚もおだてりゃ地位が上がったのです。残念ながら木には登りませんでしたが(笑)。

Buta

吉野家がBSE問題で牛丼の販売を停止した時に、代替品として豚丼が登場しました。
当初は「野暮な味だなあ」と思っていたのですが、味が変わったのか舌が慣れたのか、あのゴボウとのマッチングが素晴らしく感じ始めたのです。
それで嬉しくなるなんて、私の舌もその程度なのですが(笑)、美味しいものは美味しい!
一時期マイブームだったのは、豚丼の「具」だけ(つまり豚皿)の持ち帰り。
牛丼時代からやっていたのですが、ビールのおつまみとしてなかなか好相性。

↑すごいゲームが売っているんですね(笑)。
実は、私あまり米を食べないんですよ。ホカホカの炊き立てご飯ってのはどちらかと言うと苦手。
居酒屋などで飲んだ後、ラーメンとか食べたくなるでしょ?だけど「おにぎり」や「お粥」の類は私は食べません。
しかし何故か、この「豚丼(牛丼もそうだけど)」は食べたくなるんです。不思議ですね。
そのため、吉野家には本当にお世話になっております(笑)。

私は必ず「つゆだく」で頼んで、その上に生卵をかけます。
グチャグチャの雑炊みたいな状態になります。
その上に唐辛子ドバドバ、紅しょうがガバガバ乗せます。
肉の一切れは最後までとっておいて、それで残ったご飯をかき集めて食べます(笑)。するでしょ?ね?するでしょ?
私だけじゃないはずだ。ワッハッハ。

テーマを本来の「豚肉」に戻しましょう(笑)。
私は「しょうが焼」が大好きなのですが、「しょうが焼きのタレ」というものが世に出回っていると知ったのは、ここ一年ほど前。それまで知りませんでした(笑)。

このタレに豚肉をつけて焼くだけで、あの美味しいしょうが焼きができるなんて。魔法のようです(笑)。
ある時スーパーでこのタレを見つけた私。早速それと豚肉を購入して自宅で作ってみました。
ところが、焼きすぎるとタレが焦げるんですよ。焦げると苦くて食べれなくなるんです。
この微妙な焼加減。職人の技。私は修行が足りないようです(笑)。

しょうが焼きはご飯に合うし、うどんなど麺類にも合うし、ラーメンやチャーハンなど中華にも合うことがわかりました。
それだけ何度も試行錯誤したのです。料理人でもないのに私のこの熱意。
政治家にでもなれば、きっと日本を良い方向に導いたでしょうに(笑)。私は生きる道を誤ったようです。
ともかく、我が家の冷蔵庫には「しょうが焼きのタレ」は常備されております。皆さん、我が家に急にお越しになったら、夕飯はしょうが焼きです(笑)。
豚肉だけ購入して来てくださいね~。

もっと豚肉の魅力を語りたかったのですが、またの機会に。
次は何にしようかな・・・?鶏肉かな?それとも魚かな?

|

« ミート・イズ・マーダー/ザ・スミス | トップページ | noriの決断―中村紀洋のフルスイング野球人生 /中村 紀洋 (著) »

コメント

題名をみて工藤トレードネタかと思った私は。。。城島を大リーガーにまで育て上げた工藤様、失礼いたしましたm(__)m

投稿: ゆうけい | 2007/01/09 13:34

ゆうけいさん、こんばんは。

工藤投手はやはりベイスターズへ行くのでしょうか?
うーむ、年齢を考えると戦力としてどうなのかな・・・?
今年良くても来年どうかはわからない年齢ですし・・・。
将来の首脳陣として評価しているのでしょうか?

私なら(たぶんプロテクトかかっていないと思いますが)木佐貫投手か真田投手を貰いたいところですけどね。

ちなみに現在の私の住まいは愛知県豊明市。工藤投手の出身地は豊明市です。歩いてすぐのところです。

投稿: キングあおぽん | 2007/01/09 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85754/13360323

この記事へのトラックバック一覧です: 戦力外ポーク/ゲッツ板谷(著)、西原理恵子(絵) :

« ミート・イズ・マーダー/ザ・スミス | トップページ | noriの決断―中村紀洋のフルスイング野球人生 /中村 紀洋 (著) »