« カラー版 クルマの手続き百科 /長 信一(著) | トップページ | ライカと味噌汁―ライカが見た東京 /田中 長徳(著) »

新庄のコトバ/中田 潤(著)


本日、中日ドラゴンズのリーグ優勝パレードがテレビで中継されていました。
それを観て、いろいろ考えました。

Parede


古い話題になりますが、日本シリーズで、日本ハムファイターズが日本一の栄冠を勝ち取りました。私の応援していた中日ドラゴンズは、惜しくも敗れてしまいました。悔しいですね。
でも、第三戦から札幌へ舞台を移してからは、ドラゴンズは勝てそうな雰囲気じゃなかったです。
その時点で敗戦を覚悟していたので、それほど精神的なダメージはありません。
きっと来年こそ日本一になってくれることでしょう!がんばれドラゴンズ!

今回の日本ハムの強さの秘訣はなんだったのでしょう?
やはり新庄効果ってのがあったのでしょう。笑顔を絶やさず、明るく楽しくプレーする。
野球の原点を思い出させてくれた新庄選手。敵チームの選手ながら、あっぱれでした。
しかし、テレビ局はもう少しドラゴンズファンに配慮した放送をして欲しかったです。ドラゴンズがアウトを取られる度、センターを守っている新庄選手のアップが出てくるのには閉口しました。
日本ハム対中日ではなく、新庄対その敵って感じで、なんだかムカッとしました。頼みますよテレビ朝日さん!

Sinjou_1


それにしても、彼の歯はなぜあんなに白いのでしょう?アパガードで磨くだけでは、あの白さは得られないと思います(笑)。
きっと何かしているんだろうなあ。最低限タバコは吸わないんだろうなあ。
あの笑顔にあの歯の白さ!あのルックス!あの脚の長さ!
脚の長さ以外は私も負けていないのですが(???)、本当に彼は恵まれた人物ですね。
そりゃあモテるでしょうね。

あの明るさが良いのです。
もしもこれだけいろいろ恵まれた人物が、陰気でいつも沈んだ人物だったらどうでしょう?
バッターボックスで「滅鬱滅鬱滅鬱滅鬱滅鬱・・・」などとつぶやきながらバットを振っていたら、何か怖い(笑)。
仮にホームラン打っても「この後何か悪いことが起こって、帳尻あわせになるんだ・・・」などと考えてしまう。こんな新庄選手、イヤ。

あの爽やかな笑顔には、どんな理由が隠されているのでしょう?
「今日は試合終わったら、ススキノの<スナック さなえ>に行って、カラオケ歌って一杯引っ掛けて帰ろうかな?そういえば<さなえ>に行くのは久しぶりだな。若女将のさなえちゃんにもしばらく会っていなかったな。さなえちゃん、元気かな?ウフッ」。
・・・<さなえ>で一杯もいいけど、痛めているアキレス腱をケアした方がいいんじゃないの(笑)?

実は彼は、私と同様のハレンチャーかも知れないです。
「昨日妻に内緒で観たエロビデオ。あんなシーンやこんなシーンがあって、すごかったなあ。今思い出しても薄ら笑いになっちゃう。うへ、うへへ」。
どうやって新庄選手はエロビデオを入手するのでしょうか?レンタルに行って借りてくると、噂になっちゃいますよね?
「あの新庄選手が、TSUTAYAでエロビデオ借りている・・・」。
ましてやそれがSMや痴漢モノなど、マニアックな趣味を露呈するような作品だったら、なお一層恥をかいちゃいます。
きっと子分の森本ヒチョリあたりに、借りに行かせているのでしょう。ヒチョリがエロビデオ借りている分には、何だか納得できちゃうでしょ(笑)?

Hichori_2


ともかく、新庄選手(元選手と言った方が良いのかしら?)、お疲れ様でした。
第二の人生、どういう道を歩んでいくのかは存じませんが、今までどおり笑顔を絶やさず、ファンを大事にして、頑張って行って下さいね。
将来は日本ハムの監督になるのかしら?そんなキャラじゃないか。
宇野勝がドラゴンズの監督にならないのと同じですね(笑)。
野球界に縛られず、幅広い活動をして欲しいですね。ユニセフなどの福祉活動なんかやってくれると嬉しいです。
皆にその笑顔を振りまいて、子供たちが笑ってすごせる社会作りに貢献してくださいね。

Sinjou2_1

|

« カラー版 クルマの手続き百科 /長 信一(著) | トップページ | ライカと味噌汁―ライカが見た東京 /田中 長徳(著) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85754/12486851

この記事へのトラックバック一覧です: 新庄のコトバ/中田 潤(著):

« カラー版 クルマの手続き百科 /長 信一(著) | トップページ | ライカと味噌汁―ライカが見た東京 /田中 長徳(著) »