« 2005年10月2日 - 2005年10月8日 | トップページ | 2005年10月16日 - 2005年10月22日 »

バック・ホーム/エリック・クラプトン

またしても新譜(8/31発売)。4年ぶりの新作です。
詳しいレヴューは、ジェイ加藤さんのサイトをご覧下さい。詳しくて見やすい、とてもいいサイトです。
愛知万博・音楽催事イベント「Love the Earth」のシンボル楽曲「セイ・ホワット・ユー・ウィル」が収録されているあたりが、泣かせます。さすがクラプトン!
試聴はこちらから

外タレさんとしては、4年間のブランクというのは長い方ではないですよね?
ボストンジェフ・ベックピーター・ガブリエルなどは10年前後のスパンでアルバムの発表をしています。
稼げる時に稼ぎ、遊ぶ時に遊ぶ。カネが無くなったら働く。
・・・刹那的な人生を送っているんですね(笑)。
お金の話はオッカネェ(笑)。ああくだらねぇ。

クラプトンも昔のイメージから脱皮して、「ステキなオジサマ」って感じになりましたね。
貢いでもらえそうな感じです(笑)。お金は持っているでしょうからね。
音楽のスタイルも、何だか上品に変貌してきました。それまでと違って、大衆に認知されるようになってきましたね。
いかりや長介を思い出すのは、私だけでしょうか(笑)?

アルバムタイトルが「バック・ホーム」とのこと。
「家に帰る」といえば、佐藤琢磨選手、鈴鹿では残念でしたね。
攻撃的な走りと暴走は、紙一重ということなのでしょうが、やはり出身国ということで、固くなっちゃったんでしょうね。
以前お話したかも知れませんが、私は片山右京に似ているとよく言われます。
いいオトコなのかそうでないのか、その中間みたいな顔立ちなので、微妙なキモチです(笑)。
そういえばdozzioさんの奥様に、ネプチューンの「ホリケン」に似ていると言われたこともあります。

ホリケンと片山右京は、似ているのでしょうか(笑)?
まあいずれにせよ私は美しいので(!!!)、誰に似ていようが女性ファンが追いかけてくるのです。
追いすがる女性たちを、ちぎっては投げ、振り払って、逃げるように家路へと・・・
ああ、そんなこと言ってみたいなあ(笑)。ヨン様でもそんなことは無かろう。

そういえばbeat0418さんのブログで、「ヨン様はスマイリーキクチに似ている」という記事があり、爆笑させていただきました(笑)。
はじめて見た時から、「誰かに似ているなあ」と思っていたのです。
ヨン様ファンの皆さん、ゴメンナサイね。悪意はありません。
勿論、スマイリーキクチファンの皆さんも(笑)。
でも私は韓国四天王の中では、チャン・ドンゴンが一番カッコイイと思っていますけどね。

まあともかく、ベテランのクラプトンも頑張っております。
音楽シーンを盛り上げていって欲しいです。ガンバレ、クラプトン!
それから私もガンバレ。禁煙、つらくなってきた・・・ううっ。
誰か、励ましてくださ~い!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

リュミエール/村治佳織

久しぶりに書いてみたいと思います!
「キレイなお姉さん」第14弾、今回は村治佳織さんです!

muraji

デビュー時からお慕い申し上げてきた、キレイなお姉さんなのです!
この宮沢りえを知的にしたような、この美貌!くぅ~、たまんねえ!
ちなみにこのアルバム、新譜ですよ!皆さん買うんですよ!
公式サイトはこちらから
ちなみにスペシャルサイトなるものも存在します。こちらからどうぞ

彼女は、クラシックギタリストです。いつもギターを抱えています。
ギターを抱えるということは、彼女の太ももの上と、胸の下にギターが挟まれているということであります。ううっ、ギターになりたい(笑)。
か弱い指で、ギュッと握り締められたい(笑)!ビブラートかけてもらいたい(笑)!

彼女はフラメンコギターも得意です。
弦を右手で、くすぐるように弾きます。ううっ、くすぐられた~い(笑)。
フラメンコといえばスペイン。彼女とのデートはスペインが似合いそうです。
場所は勿論「アルハンブラ宮殿」(笑)。もしくは「アランフェス宮殿」(笑)。
ギタリストですからね。

で、宮殿の前で愛を語り合うのです。
「Oh,I love you」
「Oh,I need you」
で、この後チュッとかブチュッとかレロレロとか(こんな場所でレロレロは無いか)、愛を確かめ合うのです。オットナじゃーん!
それよりも、なぜスペインで英語なんだ?という疑問がありますが(笑)。だって、スペイン語なんて知らないんだもん。

彼女はクラシック界のアイドルとしてデビューしたわけではなく、実力派として世に出て、そして世界的な評価も受けているようです。
その割には写真集も出していますが(笑)。

これ、本気で買おうかどうしようか悩んでいます。
誰か、買ったら貸して!いや、カラーコピーさせて(笑)!
同じクラシックベースの女性でも、女子十二楽坊なんか目じゃないです。
この美しさ、妖艶さ、愛らしさ・・・ううっ、ハグした~い!
そういえば、私の周辺では「女子十二楽坊」は13人いるとのデマゴークが流れたのですが(笑)、あれは何だったのでしょう?皆さんの周辺では、その噂、流れたことないですか?

そんな訳で、クラシック音楽大好きな私がメチャメチャオススメのアーチストです。
時代は、クラシックといえば村治佳織。カラヤンなんかもう古い(笑)。
皆さんも応援してください!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

トーマの心臓/萩尾望都(作)

カルチャー・クラブの記事でコメントをたくさんいただいたのですが、同性愛の方って、案外多いんですね。
もっとひっそり生活されているのかと思ったら、意外にオープンにカミングアウトしていて、何だかホッとしたというのか、何と言うのか。
元気に同性愛ライフを過ごしていただきたいものです。

さて、同性愛というと、私は思い出すことがあります。
それは、「パタリロ!」。

マリネラ王国がどうのこうの、バンコランがどうのこうのと、私の理解を超越した漫画だったと思うのですが、ストーリーはよく覚えていません。
どなたか、どんな話だったのか、教えてください!

たしかこれ、登場人物がみんな男性なんですよね?
最初そんなこと知らずにアニメを観ていて、「何かおかしいなあ?」と思い、翌日友達の女の子に聞いて、初めてアブノーマルな世界が舞台だったんだ、と知りました。
私が初めて触れた同性愛がパタリロとは(笑)。
あ、「初めて触れた」と書きましたが、私は同性愛ではないです。
ですから、世界中の女性のみなさん、ご安心ください(笑)。

私の妻が結婚前に実家から持ってきた、いわゆる「少女漫画」が結構あります。
風と木の詩」とか、「第三の帝国」とか。
私は一切読んだことが無いので、内容はよく分からないのですが、その中で以前妻が、「これは面白いから、読んでみては?」と勧めてくれたのが、萩尾望都作品でした。
「訪問者」と「トーマの心臓」の2冊です。

読んではみました。
私には、よく分からないですね(泣)。
「トーマの心臓」に関しては、冒頭の主人公が女性だとばかり思っていたら、実は男性で、読めば読むほど「パタリロ!」状態(笑)。
また、あの線の細い絵のタッチが、私には向いていないようです。
きっと素晴らしいストーリーなのでしょうが、よく理解できませんでした。
どなたか、これもストーリー教えてください!
・・・って、持っている本の解説を、他人に頼むなんて(笑)。読めよ!って感じですね。

女性は何歳になっても、少女漫画は読むのでしょうか?
男性が何歳になっても、エロビデオ見たいのと一緒でしょうか(笑)?
夢見る少女でいたいのでしょうか?何かそんな女性がかわいく思えて、好きです。

それにしても、なぜ少女漫画は同性愛(特に男性同士の)が多いのでしょう?
非常に美しいタッチで描かれているので、なんとなく抵抗なく読んでしまいますが、リアルに想像したら、キモかったりする場面は多いと思いますが・・・どうでしょう?
別に同性愛自体をキモいとは思わないのですが(同性愛の皆さん、誤解を招いたらゴメンナサイ。他意はないです)、仮に私が同性と恋に落ちたら、少女漫画的な美しさは一切ないですよ、きっと。

しかし、私はなぜ「同性愛」をこんなに熱く語ってるのでしょう(笑)。
私はとてもとても、女性が大好きだというのに(爆)。
きっと最近、「キレイなお姉さん」シリーズお休みにしていて、妄想していないからだ。きっとそうだ、そうに違いない!
ようし、今度書くぞぉ、妄想するぞぉ(笑)。
予告します。次回の「キレイなお姉さん」は、村治佳織さんです!大ファンなのです!
ううっ、たまんね~。ハグした~い!


| | コメント (14) | トラックバック (0)

歪んだパイナップル/hasband

前回、カレーライスのルーの盛り方で、皆さんからの活発なご意見をいただきました。
どうもありがとうございます。
皆さん、カレーがお好きなんですねえ(笑)。
この話題を会社で同僚としていたのですが、ここで出てきた話題は・・・

「ハンバーグの上のパイナップルは、必要か不必要か?」
本当にどうでもいいテーマなんですけどね(笑)。

そういえば乗っかっているお店って多いですよね。
いろいろ話を聞いていたのですが、これが意見が真っ二つ!

必要派:
・単純に、あれがあると美味い
・あの酸味が、油くどいハンバーグの後味をさっぱりさせてくれる
・最後に、デザートとして食べる

不必要派:
・単純に、あれがあると不味い
・酸味がハンバーグの余韻を、台無しにしてしまう
・温かいフルーツなんか食べれるか!

まったく正反対な意見が出て、激論が飛び交う修羅場となりました(笑)。
必要派の中には、家庭で食卓に並ぶハンバーグも、これを乗せているとのこと。
しかも、わざわざ鉄板(ステーキ皿っていうんですか?)でハンバーグ出して、熱い鉄板にパイナップルを押し付けて、焼いて食べるそうです。
我が家ではハンバーグは、普通のお皿に乗せて出てきますけどね。
好きな人は、こだわるんですね。
ちなみに私は「不必要派」です。あれはパイナップルのみで食べたいです。
必要派のみなさん、ゴメンナサイね。

上記の理由で、私は「酢豚のパイナップル」も「不必要派」です。
だって、フルーツに甘酢がかかっているんですよ(笑)!
私はお弁当などを食べる時、ご飯にオカズの汁などが染みていると、非常にヘコんだ気分になるのです(笑)。
特にマヨネーズ。野菜にかけてあるマヨネーズが、ご飯の熱で溶けて、ご飯に染みるとちゃぶ台ひっくり返してやろうか!とばかりにテンションが上がります(笑)。
ご飯にマヨネーズの組み合わせでこうなるのに、フルーツに甘酢などもってのほか!
まだハンバーグとのペアの方が、私は食べれます。
これに関しても、必要派の皆さん、私の個人的な嗜好ですので許してくださいね。

そんなわけで、フルーツはオカズとして成り立たないと思うのです。
以前掲示板で、カボチャはオカズになるのか?と書いたところ、やはり否定派の方がいらっしゃって、ホッとしております。
私は変だけど、味覚はそれほど変じゃないんですね(笑)。
それ以前に、カボチャはフルーツか?という問題がありますが(笑)。
類似する食事として、栗ご飯があります。
あ、私はこれは食べれるなあ。ホクホクしていて美味しいです。

まあ結局、好みの問題なんですけどね。
私は食に関してはこだわる方なので。女性に関してとは違って(笑)。
そういえばdozzioさんが、前回の記事で彼のHPを紹介したお礼ということで、唐揚げ定食をおごってくれることになっております。
何でも、私が記事を書いた直後の数時間が、ものすごいアクセス数だったそうです(笑)。

皆さん、彼のHPをご覧いただいて、ありがとうございます。
夫婦揃って変わった仕事をしているのですが(プロドラマーとセミナー講師)、味覚に関してはしっかりしたものを持っているらしく、遊びに行ったときはいい店に連れて行ってくれ、美味いものを食わせてくれます。
というわけで皆さん、今度dozzioさん家に遊びに行って、唐揚げ定食をおごってもらいましょう(笑)!よろしくね、dozzioさん。

追伸:前回の記事で話題にした「フィル・コリンズみたいなボーイ・ジョージ」の写真、アップします。
新聞をデジカメで撮影したものなので、ちょっと映りが悪いです。ご容赦ください。
10/9 中日スポーツより。

boygeorge

| | コメント (10) | トラックバック (0)

カラー・バイ・ナンバーズ/カルチャー・クラブ

私が中学生の頃(1983年4月~1986年3月)に、絶大的な人気を博していたのがこの「カルチャー・クラブ」。
当時はマイケル・ジャクソンの「スリラー」がものすごいセールスを記録して、それがやっと落ち着いてきたころに台頭してきたグループです。
私も聴いていました。大好きでした。

その「カルチャー・クラブ」のボーカリスト、ボーイ・ジョージ麻薬の所持で捕まったそうです(2回目だそうです)。
現在の写真を新聞で見ましたが、フィル・コリンズかと見間違うくらい、ただの髪の薄いオジサン(写真が無いのが残念!)。
時代は変わるんですね~。初めて見た時は、こんなキレイな男性がいるのかと、驚きましたから。

ところで、同性に口説かれたことはありますか?
私は実はあるんです。15年ほど前に、ナンパされました(!)。
好みでなかったので(?)、丁寧にお断りさせていただいたのですが、もしOKしていたら、私の人生はもうちょっと明るいモノになっていたのかも。
もしくはエイズで苦しんでいたかも(笑)。
同性からも愛されるなんて。ああ、美しいって、罪ね(爆)。

究極の選択って、昔流行しましたよね?
「美しい同性」と「醜い異性」では、どちらを選ぶのでしょう?

顔がゆうこりんで、性格がメチャメチャ良くって、スタイルが森泉で、資産家の息子と、
顔が片桐はいりで、性格が細木数子で、スタイルが森三中・大島で、資産が(一時期の)杉田かおるという女性だったら、どちらを選びます(笑)?

そういえば、杉田さんは「笑っていいとも!」を降板したんですよね?
交代には「南海キャンディーズ」。まあ私には、杉田さんでもしずちゃんでも、どちらでも似たようなものですけどね(笑)。
ちなみに私は女性を選びます。未だに男性経験はありません。
人生は長いので、この先はどうなるかわかりませんが(笑)。

ただ、同性愛に関しては、私はどちらかと言うと肯定派です。
実際に、(ここのところ会っていないが)友人にゲイやレズもいますし。基本的に同性愛主義者って、周りに気配りのできる、すごくいいヤツが多いんですよ。

ミュージシャンには同性愛の人が多いですね。
ボーイ・ジョージもそうですが、ジョージ・マイケルや故・フレディ・マーキュリーなんかもそうですね。
日本人だと、昨年離婚した松平健大地真央なんかも、(公にされていないが)有名ですね。松平健は、勝新太郎の夜のお相手をしていたから、デビューできたとの噂。
同性愛主義者は、有名な方が多いですね。
「ゲイは身を助ける」ナンチャッテ(笑)。

そういえば、ここのところ「キレイなお姉さん」シリーズ、書いていませんね。
最近お気に入りは「さくら」さん。屈託のない笑顔がいいですね!(胸があまり無いことを除けば・失礼!)最高です!
その他にもいろいろな「キレイなお姉さん」をリストアップしてあります(笑)。またそのうち書きますね!

追伸:私の昔からの親友・dozzioさんのHP「Hiro Education Lab」が大幅にレイアウトを変更し、死んでいたブログも復活させ、メルマガも発行し始めました。
本当にステキな人物が、本当にステキな講座を開いております。
ちなみに新興宗教の勧誘ではありません(笑)。
興味なくても結構です。一度覗いてあげてくださいまし。お願いします。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

猫/山本美絵

いや~、しかし久しぶりにエゲつないニュースを聞きました。
女性がネコに足の指をかじられたんですって!

認知症で寝たきりの女性だそうですが、いくらなんでも追い払うくらいはできたんじゃないかな~?なんて思うのは私だけでしょうか?
だって(そんなことになったことが無いから、よく解らないが)、きっと痛いですよ
仮に寝ていたとしても、痛みで起きるでしょう?それともその痛みが分からないほど、症状が進行していたということでしょうか?
もっとライトな事件だったら、「どこかのオスネコと一夜の情事の末・・・」なんて記事にするのですが(88歳で一夜の情事があるとも思えないが・笑)、ちょっとかわいそうすぎて、笑いのネタにしづらいですね。

これで彼女は不幸にも、飛んだり跳ねたりできなくなったわけです。
もっとも、88歳で飛んだり跳ねたりされても、心配なだけですが(笑)。
私は足の親指の爪を割ったことがあるのですが(メチャメチャ痛い!)、踏ん張りが利かず、歩けなくなります。
お散歩もできなくなるのでしょうか?心配です。
若い女性でしたら、私が隣で支えて差し上げてもよろしいのですが(笑)。いや別に、88歳がダメってわけではないんですよ。
私はすべての女性の味方ですから(笑)。

ただどうせなら、楽しみがあったほうがいいじゃないですか。
よろけた拍子に「あ、危な~い」と両腕で胸を支えて、助けます。
呼吸が苦しそうなら「大丈夫?」と胸をさすって差し上げます。
ああそうです。計画的犯行です。
・・・そのうち捕まっちゃうかも知れませんが(笑)。

このネコは、一体何を思って足の指などかじったのでしょうか?
食欲をそそるニオイでも発していたのでしょうか(笑)?
口が血で染まっていたとのこと。う~ん、スプラッター。
化け猫って、人を食べるんでしたっけ?じゃあ私も化け猫だ。
人を喰ったような記事ばかり書いていますからね(笑)。

保健所職員に捕獲されたそうですが、このネコの運命やいかに!?
まさかこのネコを飼いたいという人もいないでしょうから(笑)、かわいそうですが人生の(猫生の?)終わりとなってしまうんでしょうね。
そういえば拙掲示板でのMao.Kさんの書き込みによると、Mao.Kさんは「蛇と猫の料理」を召し上がったことがあるそうです。
・・・うぇっ(笑)。
まさか、「人食いネコ」が逆に人に食われるなんてこと、無いですよね?
「食べちゃイヤだニャ~ン」
・・・ベタなオチですみません(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年10月2日 - 2005年10月8日 | トップページ | 2005年10月16日 - 2005年10月22日 »