« 2005年8月14日 - 2005年8月20日 | トップページ | 2005年8月28日 - 2005年9月3日 »

顛末記その5・・・あおぽん、リンパで悦楽のひと時

さてここで、この記事に関しての、皆さんからのご意見をご紹介しましょう。

「風邪のヒドさもさることながら、あおぽんさんも恋多き男ですねえ。」(さやかさん
「そんな可愛い人が多い病院なんてあるんですか?違うところ行ってたりして...(^o^;」(kawamuさん
オヤジ度が最近急激にアップしてますけど!」(たもとさん
「病気に苦しんでいるのか、お姉ちゃん観察日記なのか、ようわからん(笑)。」(Mao.Kさん
脳にばい菌入ってませんか(^_^;)?」(ゆうけいさん
「これは『好色的脳神経麻痺と脳内化膿』です・・・」(吉田研究所さん

反響が大きいようですね(笑)。
さあ、続きを書こうっと。

目がおかしくなった私あおぽん、さすがにもう病院にいく元気がありません。
医療費も結構な金額になり、妻は何だか不機嫌になってしまったこともあります(笑)。
そこで、何が原因で目がおかしいのか、考えてみました。

どうやらリンパと扁桃腺が腫れているらしいのです。
扁桃腺に関しては薬をいただいておりましたので、リンパを何とかしようと考えました。
さするようにマッサージすると良い、と以前「あるある大辞典」で観たのを思い出し、webサイトを検索してみました。
出てきたのは、お笑いコンビ「レギュラー」。

「しまった、『あるある探検隊』を検索しちゃった!」
ありがちな罠に、つい引き込まれ~(by 米米クラブ

で、リンパマッサージのやり方が書いてあるサイトを発見したのです。
あるある大辞典では、発見不能でした。ただし、二重アゴの解消法があったので、ついでにやっています(笑)。
これがすごくいい!
まだ完治とはいきませんが、相当緩和されました。

このサイトを発見するまで、相当ストレスが溜まっていました。
なんといっても、常に目に不快感があったので。
しかし、リンパマッサージとドラゴンズの連勝が私を救ってくれたのです!
さすが井端!カッコイイ福留落合監督、もうすぐ胴上げですからね!

ちなみに上記のさやかさん、私の運営するもう一つのサイト「ガンバレ!中日ドラゴンズ」の大事なお客様です。
大阪からナゴヤドームまでドラゴンズの応援にやってくる、とても活動的な女性です。
ちなみに写真を拝見しましたが、本当にベッピンさんです!彼女の楽しいブログ「ここは大阪ココロは名古屋」はオススメです。
ぜひ見て下さい。面白いです。

阪神に1.5ゲーム差に迫った我がドラゴンズ。今日もカッコ良すぎる逆転勝ち!
病気も治ると言うものです(笑)。
調子がひと段落した私は、背中がガチガチに凝っていることに気づき、大好きな近所の「健康ランド」に行ってまいりました。

続きはまた次回に(まだ続くのかよ!)・・・


| | コメント (8) | トラックバック (2)

顛末記その4・・・あおぽん薬剤師を眼でオトす

またしても続きを。長文ばかりでごめんなさい。
そんな訳でクルマで5分ほど走って「田代耳鼻咽喉科」へ行ったのです。

ガラガラの院内。ナースは(残念ながらここはオバチャン看護婦ばっかり。ショボン。)通路で暇つぶしに患者さん(小学生くらいの女の子)と遊んでいる始末。

「大丈夫か、ここ・・・」

不安に駆られる私をよそに、すぐに順番が巡ってきまして、言われるがまま診察椅子に腰掛けました。
すんげえ爺さん先生!
さすがに手は震えてはいませんでしたが、言語不明瞭。それなのに楽しそうに話しかけてくるのです。
「ふるとおびゃーさんはここずーねんみみのいだみどただがっていたのがで?」
・・・?
訳わからないので、相槌だけ打って、あとはこちらもニコニコしていました(笑)。

判明したのは、私は耳の奥に湿疹があること。
そして外耳圧(鼓膜の外側、つまり気圧)と内耳圧(頭の中側から鼓膜への圧力)のバランスが悪く、内耳圧が陰圧となっているため、鼓膜が頭の中側に少しひっぱられていることもわかりました。
湿疹は薬で治ります。問題は内耳圧。
先生はエアピストル(ガン)の先に長いノズルをつけて、私の鼻の穴に、ブットいそれを突っ込んだのです(?)。

これはツラい!
私の頭の中で空気がプシュプシュ送り込まれ、耳がそのたびにキーンとなるのです。
ちなみにこの治療法、あまり知られていないらしく、先生いわく
「大学ではこんな治療法習わなかったろ?」。
・・・私、医大生ではないのですが(笑)。
で、治療が終了し、処方箋を貰って、すぐ向かいの「中日調剤薬局」へ行きました。

現れた薬剤師は、若い女性で、メガネ美人でした。
結構私の好みの顔立ちでした。

私はクセがありまして、相手の目をじっと見つめながら話すのです。
で、相手もそのクセがあったらしく(笑)、不思議なことになりました。
点耳薬の説明を受けていたのですが、明らかに彼女の様子が変なのです。

照れているんですよ。確かに。
で、私もじっと見つめられているという自覚がありましたので、こっちも照れちゃって、なんだかプチ・ラブストーリーって感じ(笑)。
説明が聞き取りづらくて「え?何ですって?」と言って身を乗り出したところ、彼女の顔との間は約50センチ!
彼女はモジモジしながら顔を赤らめて、下を向いちゃったんですよ。
カ~ワイイ(笑)。

「ははあ、このオンナ惚れたな」と確信し、からかってやろうと思い、最後に薬を受け取る時に軽く指先に触れてみました。
潤んだ目で私を見ているのです!ホッホッホ!私の勝ちだ(笑)!
次回この薬局に行った時は、きっと彼女はヤバい薬をお願いしても、私のためなら何でも調合してくれるでしょう(笑)。
・・・ま、気のせいかも知れないけど(笑)。そうだろうな、私モテないもんな。昔から。
いいや、きっとあれは恋した乙女の目だ(笑)!たまには風邪ひいてみるもんだなあ~。

そんな訳で、帰宅して薬を飲んで(点耳薬はさして)普通に食事や入浴を済ませたあおぽん、この日はさすがに疲れて、薬剤師の夢を見ながら早く寝たのでした。

しかし、今度は目がおかしい!まばたきする時に強く目をつむらないと、すごく違和感があってイライラする!
また、酷いドライアイになっている!

この続きはまた次回に(まだ続くの?)・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

顛末記その3・・・あおぽんナースにひっぱたかれる

またまた続きです。またしても長文です。

8/23(火)の午前10時半頃、再び呼吸困難に襲われたのです。
すぐに仕事に行っていた妻に電話して、再発を伝え、再度病院に行こうと決めました。
しかし、またサザエボンに会う勇気がありませんでした(笑)。香里奈には会いたかったんだけどなあ。

そこで、かかりつけの「広瀬内科クリニック」(しまった、ここの病院WEBサイトが無い!素晴らしい病院なんだけどなあ・・・)に電話しました。
しかし、このときは気が動転して「クスリ、効かないじゃねえか!」と怒りが先に立っていたのです。
で、電話口で、
「お宅で貰った薬、効かないよ!」と怒鳴ってしまいました。
そんなヒマがあったら、診察の予約しろよ!
で、すぐに来いとの返事を受け、広瀬内科までクルマを走らせたのです。

不思議なもので、病院に着くと小康状態になるんですね。
受付で診察券と保険証を出し、椅子に腰掛けたところ、ナースの小笠原さん(この方もベッピンさん)が現れて、熱を測ってくださいと体温計を渡されました。
36度7分でした。
小笠原ナースが再び現れて、「お熱、どうでした?」と聞くから、からかってやれと思い、体温計を返しがてら、
「38度7分」と答えました(笑)。

小笠原ナースは「まあ、結構ありますね~。つらかったでしょ~。(体温計を見て)あ、今ここまで温度が下がったんですね?振ったんですか?」とニコニコしながら矢継ぎ早にしゃべりかけてきます。
その様子があまりにも可笑しかったので、クスクス笑っていたら彼女は気づいたらしく、
「からかったんですね~。も~、イヤ~」とやはりニコニコしながら私に平手打ちをしてきたのです。

これが結構痛かった!
本人は軽くひっぱたいたつもりなのでしょうが、とんでもない話で、結構ヘコんだ気分になりました。
まあ、私が悪いんですけどね(反省)。
で、私の診察の番になり、ホッペをジンジンさせながら先生の前に行きました。
結論は「風邪ですね」とのこと。
ただし、薬を変えてみることになり、肺炎の時に処方する吸引する薬などを出してもらうこととなりました。
そして処方箋を持って隣接する「はまべ調剤薬局」へ行きました。

ここの受付嬢が、実は「京野ことみ」にそっくりなんですよ(そんなんばっかだけど)。
ホントにクリソツ!
この受付嬢のことは以前から知ってはいたのですが(美人だなあ、と思っていたのですが)、話しかけたことはありませんでした。
しかしこの日、ついに殻を破って話しかけてみたのです!

「京野ことみに似ているって言われません?」
「ええ、よく言われます」

ただこれだけの会話。しかし、精神的な充実を得た私は、満足して帰宅しました。
昼食にうどんを食べ、早速薬を飲みました。

しかし数時間後、左耳の調子が悪くなってしまったのです。
水が入った時のような、「ポーン」とした感じになり、イライラして眠れませんでした。
このため、本日三件目となる病院(耳鼻科)に行くことにしたのです。

続きはまた次回に・・・


| | コメント (6) | トラックバック (0)

顛末記その2・・・あおぽんナースに欲情する

では、続きから。またしても長文です。悪しからず。

自分でクルマを運転して(苦しんでいた割にはちゃんと運転できた)、藤田保健衛生大学病院へ着いたのですが、その頃には症状(呼吸困難)はひと段落していました。
しかし苦しいことには変わりは無く、急いで受付へ向かいました。
受付のオッサンは多分電話の主だったのでしょう。バカ丁寧に「お待ちしておりました」などと心にも無いことをぬかしおって(笑)。
許さん、知り合いの「創始者」に言いつけてやる(笑)。
で、待合室で座って順番を待っておりました。

私が一番苦しんでいるのだと思っていたら、同じく順番待ちの見知らぬご主人(多分60歳位)がお腹を押さえて、
「イタイイタイイタイイタイ・・・・」と唸っているのです。
聞き耳立てたところ、尿管結石だそうです。
お隣には奥様、息子さん夫婦、その子供(つまりご主人から見て孫)がおりまして、早朝から家族総出で顔面蒼白。
「おじいちゃん、大丈夫?」とつぶらな瞳でおじいちゃんの手を握る孫娘の姿を見て、「早くしてやれよ」と病院の手際の悪さに怒りを覚えておりました。

そこにナースが3人現れました。
若い「香里奈」にチョイ似のナースがひとり。
年増の「サザエボン」によく似たナースがふたり(爆)。
で、「香里奈」が先ほどのご主人のそばで「大丈夫ですか?もうすぐ準備できますからね」と声をかけていたのですが、中腰でこちらにお尻を向けているのです。パンツのライン丸見え(笑)。
しかもなんだかお尻フリフリしているんですよ。挑発されてたのかな(笑)?

うほっ、うほほっ。
性欲は病魔を凌駕するらしく、このときばかりは私も苦しさを忘れて細い目にして、しばし見つめていました(笑)。
ただでさえ呼吸困難で心臓バクバクなのに、もっとバクバク(笑)。
そうしたら、ふたりの「サザエボン」に見つかって、睨まれちゃいました。ショボン。
しかし、「香里奈」、いい女だったなあ。また時間外診察してもらいに行こうかなあ(笑)。

私の診察の番になりました。
結果は「風邪の菌が内蔵に入ったようです。安静にしていてください。」とのこと。
別の病院で貰った薬があったので、そのリストを先生に渡すと「この薬で大丈夫。キチンと飲んでくださいね」とのこと。
安心して帰宅し、その日は会社を休んで朝食にヨーグルトとカロリーメイトと食べ、薬を飲み、少し休みました。2時間ほど寝たでしょうか?

ところが、昼前に全く同じ症状が再発したのです。

続きはまた次回に。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

顛末記その1・・・あおぽん発病する

皆様、ご迷惑をおかけしました。
そして、お見舞いや励ましのコメントありがとうございました。涙が出てくる位、嬉しかったです。
いろいろなことがあった二日間でした。ちょっとご報告をしたいと思います。
数回にわたる長文になりますが、ご容赦ください。

実は子供と妻が最近似たような症状になっていたのです。
普通に考えればそれをうつされた、と思うのでしょうが、そうは考えなかったのです。
理由があります。

8/21(日)から嫌なことがあったのです。
我が家でカブトムシを飼っていることは以前お伝えしたとは思うのですが、実は「コクワガタ」も飼育しているのです。
理由は「家の前にたまたまいたから」というシンプルなもの(笑)。
ところが不思議なもので、ここ3週間ほどの間に「オス」「メス」と玄関前にいたのです。
そして18日(木)、夜中にタバコを買いに行こうと玄関を出たら、またしても「メス」が佇んでいたのです。

当然のように、捕まえて飼育カゴに入れました。
これでオス一匹、メス二匹という構成になったのです。「ハーレムだ、羨ましい」なんていってたのです。
ところが・・・
日曜にカゴの中を見たら、新しく捕まえたメスが殺されていたのです。
それも、「クビチョンパ」になっていたのです(!)。
大ショックでした。「クワガタどうしで、なんでこんなことするんだ」と思って・・・

(注・「クビチョンパ」のリンクは過激な映像に繋がっております。気分を害する方がいらっしゃるかも知れないので、グロが苦手な方はご覧にならないようにお願いします。ちなみに実物だそうです。)

それをずっと引きずっていて、月曜の朝(8/22)には体調が悪かったのです。
多分このときにはすでに風邪をひいていたのでしょうが、自分ではそうは思わず、「クビチョンパ」の怒りでイライラしているだけかな?と思っていたのです。
このため、これといった風邪の処置をしませんでした。これが間違いの始まりでした。

8/23(火)の朝6時20分、いつものように目覚めたのですが、熟睡感がまったくありませんでした。
あれ、おかしいなと思ったのもつかの間、急に少し首を絞められたような感じと、胸の中を押さえ込まれたような感じが同時に襲ってきたのです。
大きく深呼吸していないと、呼吸ができないような状態!

すぐに妻を起こして時間外診療を受けることを告げ、クルマで5分の「藤田保健衛生大学病院」へ電話をしました。
日本屈指の大病院です。
ところがここが、電話が繋がらなかったのです。
そこで、(理由あって知り合いの)この病院の創始者に電話をしたのです。
別番号を教えてもらってもう一度電話をしました。今度はすぐに繋がりました。

この時点で、こちらは死にそうな状態で電話しているんです。
で、受付のオッサンにムカついたんですね~(笑)!
あおぽん「呼吸が苦しいので、時間外診療お願いしたいんですが」
オッサン「ふ~ん
あおぽん「すぐに行きますので、手配をお願いします」
オッサン「緊急でなければ診察は順番です。で、研修医ですからね。悪しからず。ファ~(アクビの音

殺すぞジジイ!

で、その「創始者」の名前を出したところ、「救急車出しましょうか?」などとほざきやがって、態度急変!
さすがに自分がクビチョンパにされると困るのでしょう(笑)。
早速病院へ行ったわけです。

長くなりました。続きはまた明日・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お詫び

すみません、体調を崩しました。
風邪らしいのですが、呼吸困難を伴っております。
明日には治っていると思うのですが・・・1~2日更新の方をお休みさせてください。
治り次第、また再開します。

キングあおぽんでした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ハイドラ/TOTO

先週の話ですが、久しぶりに映画館へ行ってきました。
前回映画館に行ったのは「ラスト・サムライ」以来ですので、実に一年以上脚を運んでなかったことになります。
映画好きな私ですが、普段はビデオ(DVD)で新作が出るのを待ち、レンタルショップで借り、翌日返却のため眠い目をこすりながら観る、というのがキングあおぽん流なのであります。
私はセコイのでしょうか?いや、私だけではないはずだ!

で、作品は「ヒトラー~最後の12日間~」でした。
ナチスドイツの人たちも、日本人の天皇崇拝に近い精神状態だったと知ったのが収穫でした。殉死もあったりして。
映画のスケールでちょっと物足りなさを感じたかな?

ちなみに10時に開演の映画にわずかに遅刻した私を、画面が暗い中、私の手を引いて
座席まで案内してくれた名演小劇場の係の方、どうもありがとうございました。
男の人の手を握ったのは、握手を除くと小学生の頃、オヤジと松坂屋に買い物に行って以来のことでしたので、新鮮な感覚にちょっと頬を赤らめたキングあおぽん、34歳の夏(笑)。

で、1時前に栄の映画館を出て、昼食を食べようと都心をさまよい歩き始めた私は、すぐにどこかに入店すればいいのに、結局歩きに歩いて名古屋駅までたどり着き、時間は2時をまわっておりました。
普段の私は出不精なので、珍しく都心まで出てきた時は、ここぞとばかりアチコチにフラフラと行ってしまうのです。
その結果、ほとんどの店でランチタイムが終わってしまったのです(泣)。

しかたなく高島屋の12階、焼肉屋トラジに入ったのです。ここはランチが3時まででしたので、しかたなく昼間から焼肉。
1500円も遣っちゃった。普段はタバコ代位しか使わないのに(笑)。でもサスガにおいしかった~。

で、帰宅する前に「名駅チャンスセンター」へ行きまして(宝くじがよく当たることで有名)、気まぐれで生まれて初めて「toto」を購入したのです。
ドキドキしましたね~。2億円当たったらどうしよう、とか思って(笑)。

使い道を考えちゃうんですよ。
「マンションのローンを住宅金融公庫に返済して、HD内蔵のDVDレコーダー買って、PS2買って、そのソフトの"プロ野球チームをつくろう3"を買って、余った札束でゆうこりんのホッペをペシペシして・・・」

そうです、得意の妄想です(笑)。実際に当たったら多分パニクるんでしょうねえ。
知人に言いまくりそう。で、後から「覚えの無い親戚」なんかが現れて、大変な騒動になりそう(笑)。

結果が今日判明しました。
半分以上ハズレ!
普段Jリーグ観ていないクセに、こんなことで頼りにしようと思った私に、きっと神様から罰が下ったのです。
くそ~、300円(100円×3口)も損しちゃった(笑)!
あ、焼肉ランチは1500円だった。忘れてた(笑)。

ちなみに本日、競馬も負けました。賭博の才能は私には無いようです。
そして料理の才能も無いようです。昼食で子供たちに「おにぎり」を握ったら、固く握りすぎておいしくありませんでした。ううっ。

| | コメント (21) | トラックバック (1)

« 2005年8月14日 - 2005年8月20日 | トップページ | 2005年8月28日 - 2005年9月3日 »