« 2005年7月24日 - 2005年7月30日 | トップページ | 2005年8月7日 - 2005年8月13日 »

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム/U2

本日(8/6)は広島に原爆が投下されて60年たった日です。
ご存知の通り、総計で20万人以上の人が亡くなっております。

戦争の経験も無く、身内に原爆の被災者がいない私にとっては、原爆で被災しようが交通事故に遭おうが、死ぬのは変わらない、という考え方ですので、原爆だけを廃絶するべきとは考えていません。
殺戮のためのすべての武器を廃絶すべきかと存じます。

ただ、許せないのはこの殺戮兵器を開発している国があるというのがひとつ。
「自分の国にも核兵器が欲しいな」という考え方は非常に幼稚だと思うし、それを脅しに使って各国との交渉のきっかけにするというのは知能の低さを感じます。

もうひとつは、他国が核を保有すると「平和のために廃棄すべき」と叫ぶくせに、自国の核は「平和のために保有する」アメリカ合衆国。許せません。
誤解なきよう申し上げますと、アメリカという国自体は嫌いではありません。
ただ、自分たちのことを「正義のヒーロー」か何かと盲信しているアメリカ政府および一部のアメリカ国民が許せないのです。

一度核兵器を喰らってみれば、こんなものが正義のためのアイテムかどうか解るのではないでしょうか?
世界中の人々が、こんなものを本当に必要とし望んでいるかどうかが解るのではないでしょうか?

U2はメッセージ色が濃い作品を作ったと思います。
「原子爆弾の解体方法」というこのアルバムが、意味をよく咀嚼(そしゃく)された上で全世界に広がっていくことを願っております。

・・・と珍しくシリアスな文面のキングあおぽん。今日からお盆休みです。
先祖のお墓参り、行かなきゃ。あとは高校野球観てビール飲んで・・・なんだかこの夏はヒマだなあ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1984/ヴァン・ヘイレン

このアルバムが発売されたのが1983年末。まあパクっと計算して1984でもいいじゃないか、ってなノリでタイトルが決められたんでしょうね。
これからなんと22年経とうとしております。歳くったな~。

1983年は私は中学生。もうすぐ2年生になるところでした。
酒も飲まなければタバコも吸わない。女なんて当然知らない。女性とはほとんどお話したことも無い。触れたことも無い。
見たことも無い(?)。
薬師丸ひろ子が大好きな普通のクソガキでした。

yakusimaru

あの笑顔が大好きだったのです。
セーラー服と機関銃」なんて、あの有名な「カ・イ・カ・ン」というセリフを初めて聞いた時、私もカイカンに身悶えたのであります(笑)。ううっ、たまんね~。


そういえば、私が生まれて初めて購入したアルバム(正確に申しますと、クラシックは数枚購入済みなので、いわゆる「歌もの」として購入したアルバム)が薬師丸さんの「古今集」なのであります。
このCDでは「プラス4」となっておりますが、この当時の「LP」では2枚組みの片方がベスト盤で、片面しか録音されていなかったんです

中学生にとって2,800円は大金で、それなのになんだか損をしたようなこのアルバムの作り方。
きっと「溝が無くても何か音が出るに違いない」と一縷の望みを託して、ツルツルの面に針を落とした覚えがあります。
当然音など出るはずも無く、ツーッと針が流れるのを見て「大人って、キタナイ。お金だけが人生じゃない」と社会の構図を嘆き悲しんだ13歳の冬(笑)。

ここまで記事を作っておいて、「最初から『古今集』の記事にしとけばよかったジャン」といまさら気づいた34歳の夏(来月35歳)・・・
バカね、オホホ(自虐的)。
ヴァン・ヘイレンの皆さん、完全無視でゴメンネ。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

花火/aiko

昨日は家族で海水浴に行ってまいりました。
朝早くから近所の友人一家と待ち合わせ、知多半島までドライブ。
海岸に着くと、早速パラソルを広げて泳ぎまくってまいりました。

浜辺には巨大な灯台がそびえておりまして、それを境になぜかファミリーばかりが集まったゾーンと若者ばかりのゾーンに分かれておりました。偶然でしょうけど。
当然若者ゾーンにはぴちぴちビキニギャルがキャッキャ言いながら水しぶきをあげておりまして、そっちに行きたかったのですが、嫁の目が怖かったのです(泣)。
しかたがないので、「カキ氷」や「わらび餅」買いに行ったりして、そのついでにチラチラ横目で眺めて(笑)。
はちきれんばかりの豊満な胸の谷間に、私の海水パンツの中ははちきれんばかりに・・・(うわー、シモネタだあ、サイテー)。

温泉も入り、すっかり楽しんだ後は「えびせんの里」に行きまして、試食品のおせんべいをバリバリ食べて満腹に(笑)。
そして我が家の目の前にある「中京競馬場」で花火大会が予定されていましたので、それに間に合うように帰宅しました。

行ってきました、毎年楽しみにしている花火大会。
花火がキレイ!大規模な花火が30分ドカンドカン打ちあがって、凄い迫力!本当にリラックスしました。
そして浴衣美人もキレイ!うなじがキレイ!やはり嫁の目が怖いので、じろじろとは見れませんでしたが(再び泣)。
夜・花火・うちわ・浴衣・・・この光景がいいのです。
やはり日本の夏って、いいなあと心から思いました。

「夏の星座にぶら下がって、上から花火を見下ろして・・・」
センスのいい歌詞が好きです。aikoの歌は聴いていて安心するというか、緩やかで穏やかな気持ちになります。
ラジオからこの曲が流れてきて、心地よい夜でした・・・といいたいところですが・・・

私は肌が弱いため、日焼けは大敵なのです!
日焼け止め、「これでもかっ!」というほど塗りまくったのに・・・顔面と肩がマッカッカ。
ヒリヒリ痛くて眠れませんでしたよ~。ううっ、ビキニで欲情した天罰?


| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年7月24日 - 2005年7月30日 | トップページ | 2005年8月7日 - 2005年8月13日 »