« 2005年7月17日 - 2005年7月23日 | トップページ | 2005年7月31日 - 2005年8月6日 »

ミスター・ロボット/STYX

どうもアリガト、ミスター・ロボット。

STYXの傑作アルバムであり、バンドの名を世間に大きく知らしめた代表作。
ちなみにこれは「Kilroy Was Here」という短編映画のサントラです(といっても、出演者はSTYXのメンバーですが・笑)。近未来にロックの開放を求めて戦うキルロイという人物の物語です。面白いかどうかはともかく、この当時としては宇宙の感じを出すのに頑張っているのでは?機会があったら皆さん、ご覧ください。


どうもアリガト、ミスター・dozzio。

この間はご馳走様でした。
お宅のマンションの下の割烹料理屋、あそこは美味いですね~。
唐揚げに独特の甘みがあって(あれはみりんを使ったタレを塗ったのだと思うのですが)、今まで食べたことの無い風味。おいしかったです。
しかし何といっても、あの酢の物!そしてワカメの味噌汁!
dozzioさんがお家にいらっしゃらない時でも、わざわざ津島まで食べに行こうと思える味でした。
また、心理学の本を貸してくださって、ありがとうございました。あっという間に読んじゃいました。
とても面白かったです。
それから、美人の奥さんの朗読劇はいかがでした?
成功したのだと信じております。よろしくお伝えください。


どうもアリガト、ミセス・加藤。

・・・妻のお母さんです(笑)。
近所のパチンコ屋の奥さんと仲が良いらしく、そこの景品の「ナゴヤドーム シーズン券」をよく貰ってきてくれます。
おかげで8/11(木) 阪神戦を観に行けることとなりました。そうです、首位決戦です!
もしかしたらこの日に我らがドラゴンズは首位に立ち、そのまま独走態勢で優勝するかも知れません。
本日現在首位と4ゲーム差。さあこれからだ!


どうもアリガト、ジャイアンツ。

・・・理由は適度に弱いからです(笑)。セリーグの盛り上げに貢献していただき、ありがとうございます。


どうもアリガト、ミスター・海老庵。

海老庵さんのブログでコメント書いたら、「賢い」って褒められちゃったんです!褒められたことなんてほとんど無いので、嬉しいのです。
嬉しいな、エッヘン(調子乗りすぎ)。ありがとうございます。


どうもアリガト、カルビー株式会社

2005 プロ野球チップス」を子供たちが喜んでいるのです。
ショップ99で2コ99円で売っているので、私の財布はあまり痛まないし、子供たちは「選手カード」が欲しいだけなので肝心のポテチは私のビールのオツマミになるのです。
なんて合理的!さすがはカルビー。目の付け所が違いますね!

そしてこのブログを読んでくださる皆さん、どうもアリガト。感謝しております。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヴィヴァルディーズ・チェロ/ヨー・ヨー・マ

皆さん、最近「瓶」に入ったジュースって、飲んでますか?
缶ジュースやペットボトルが全盛の今日この頃、「瓶」ジュースってあまり見かけなくなりましたよね。
私が子供の時は、当たり前に「瓶」ジュースの自動販売機があったものですけど、最近ではボーリング場くらいでしかお目にかかることが無くなりましたよね。

ところが私、本日近所の「セブンイレブン」で瓶入り「コカコーラ」「スプライト」「ファンタ(グレープ)」が売っているのを発見。
フタが王冠でないことを除けば、あの当時のままの瓶。
しかも「ヨーヨー」付き

250円もするのに、2本も買ってしまいました(笑)。
コーラとスプライトを買ったのですが、付いていたのは2コともコーラ柄(『プロフェッショナル』と『スーパー』)。
スプライトが欲しかったので、ちょっぴり残念。

私が小学校低学年の時ですので、今から30年近く前にこのヨーヨーが流行っていました。
「犬の散歩」とか「東京タワー」なる技を、自称「ヨーヨーのプロ」がデモンストレーションしに来たりして、子供心に「あんな技をボクもやりたい!」と憧れたものです。
今ではあまりそんなことは思いませんが。

でも、幼い頃のあのワクワク感を思いがけず味わうことができて、すごく嬉しくなりました。
私の二人の子供も一生懸命ヨーヨーで遊んでおりました。楽しそうでした。
やはり時代は繰り返すのでしょうか?
そういえば最近「ルービックキューブ」で楽しそうに遊んでいる子供を見かけました。

ルービックキューブ

誰か、ルービックキューブのコツを知っていらっしゃる方、ご連絡ください!
死ぬまでに一度6面すべて揃えてみたいのです!

拙ブログに何度もお越しの方ならもうお気づきですね?
「ヨーヨー」と「ヨー・ヨー・マ」をかけております。
さすがはキングあおぽん、相変わらず「とんち」が効いていますね~(笑)。

・・・と自画自賛したところで、ヨーヨーの練習をすることとします。
頑張るぞ、エイエイオー(またしても昭和の掛け声)!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

コラム~生まれ変わるなら何がいい?

ふと思ったわけです。
私の前世は何だったのだろうと・・・

そう都合よく人間ばかりに生まれるわけはないだろう、確率的にはアメーバや大腸菌の可能性が高いだろう。
インフルエンザウィルスなんかもサイアクだし。
ひょっとしたら私の大嫌いな昆虫かも。ゴキブリだったらヤダなあ。

・・・ゴキブリ。
まず、名前がいけません。濁音のカタマリです。
「ゴキッ、ブリッ」って、なんか鈍器で殴られたようなサウンドと、淫靡なサウンドとのハーモニーでいい響きではありませんね。
もし名前がロシア語みたいだったら、どうでしょう?
「キャー!台所にアレクサンドル・エカチェリーナ三世が出たわ!」
なんとなく、いいモノ見たなあって気になるでしょ?

次にあの地を這うような歩行スタイル。あんな位置にいるからスリッパで叩くことになるんじゃないでしょうか?
叩くと後始末が大変だし・・・
もしゴキブリがカブトムシくらいの大きさだったら叩くでしょうか?
あんな大きさの後始末はサイアクでしょう。足を一本一本ティッシュで拾い集めるなんて・・・キャー!
しかし、人間はゴキブリに触れると手を洗うでしょ?ゴキブリも人に触れると身を清めるんですって。ゴキブリにとって人間はゴキブリ以下の存在なのですね(?)

やはり、ゴキブリに生まれ変わりたくないなあ。
鳥がいいかなあ。

大空を駆け巡ることができないので、ニワトリ・エミュー・ダチョウは不可。
ブロイラーは論外(笑)。
カルガモは親子だとかわいいですけど、クルマに轢かれそうですね。
フクロウはどうかなあ?でもあれはよく見るとキモいですしね・・・。
インコやオウム、九官鳥みたいに檻に閉じ込められるのはイヤだし・・・。
でも、ゆうこりんに飼ってもらうならいいかな?ああ、ゆうこりんの手乗り文鳥になりたい!
そういえば、ゆうこりんの新写真集「小倉優子の秘密遊戯」が発売になったんだ!買わなきゃ(笑)!
やっぱ、ゆうこりんの恋人(もしくは旦那)に生まれ変わることにしよう(身勝手発言)。

・・・ってなわけで、来世に思いを馳せてみました。
素敵な両親のもとに生まれ、素敵な恋をし、素敵な家庭を作り、素敵な終焉が迎えられますように。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ベスト/つみきみほ

夏だ!海だ!山だ!プールだ!
キレイなお姉さんだ!!

というわけで、久しぶりにキレイなお姉さんをピックアップ!
(怪談の次がうって変わってこんな話題なんて・・・)
今回で第8弾。
私、キングあおぽんが一時期恋焦がれていた、つみきみほさんであります!
tumikimiho

これといった活動はしていなかったと思いますが(「花のあすか組!」くらいしか知らない・・・)、これほどのインパクトを残したということは、やはり彼女が「キレイなお姉さん」だったということでしょう(笑)。

どんな商品のCMだったかは忘れましたが、浜辺でひたすら「ゴメンナサイ」と謝るコマーシャルがありまして、はにかみながら、右斜め下45度から、上目遣いでじっと見つめる大きな瞳。
ううっ、たまんね~。ハグした~い(笑)。
今では主婦に納まっているらしいですが、たまに芸能活動もしているようですね。
頑張って欲しいものです。
公式サイトはこちらから

そして、しつこいようですが・・・
木村多江もガンバレ!あなたがハリウッドに行くまで、私は応援し続けるぞ!
エイエイオ~(←昭和の掛け声?)!

ううっ、木村多江もハグした~い(節操が無い?)!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベスト/ミッシング・パーソンズ

怪談をします。理由は夏だからです(笑)。
本当にあった話です。苦手な方は読まないでください。

今から20年前の夏の話。私の先輩(女性)が友達と某所にドライブに行きました。
一台のクルマに乗り込み、運転席は男性、助手席はその彼女。
後部座席は運転手の後ろから助手席側の後ろへ、男性・男性(この人を仮にAさんとします)・女性(私の先輩)の順で座りました。計5人です。
男性一人を除いては皆横にドアがある状態だったのです。ここがミソ。

夜間、車どおりの少ない寂しい林道を走っていたそうです。
A氏が脂汗を流し始めました。それに気づいた運転手は車酔いしたのかと思い、わき道に停車したそうです。
しかし、A氏は「大丈夫、クルマを停めるくらいなら発車してくれ」と頼むので、再度運転しました。

しかし、A氏の様子が明らかに変なのです。
脂汗はもちろん、息遣いも荒く、暗い車内でもわかるほど顔色が悪いのです。
運転手はもう一度停車し、休憩を促しましたがA氏はかたくなに拒否します。
そこで皆がどうしたのかと、A氏を詰問しました。

A氏は言いました。ひとつ約束してくれと。
「この話を聞いたあと、みんなオレを置いて逃げないでくれ」。
皆うなずきました。「で、どうしたの?」。
A氏は言いました。「オレの足元を見ろ」。

先輩いわく、「一目で死人の物とわかる手」が二本、床から伸びておりまして、A氏の両足首をつかんでいたそうです。
ドアが横にあったため、皆は約束も忘れてパニック状態で逃げたそうです。
しばらく同じ方向に逃げた四人は、落ち着きを取り戻し「このままではAが危ない」と、勇気を出してクルマまで戻ってみました。
しかしそこにはもう誰もいなかったのです。
警察も呼んだそうですが、結局見つかりませんでした。

このA氏は私もお会いしたことのある人物だったのですが、今日でも発見されたという一報は受けておりません。
どうなってしまったのでしょう?現在も行方不明者(ミッシング・パーソン)なのです。

| | コメント (13) | トラックバック (1)

t.A.T.u./t.A.T.u.

・・・というわけで、金曜に万博に行って参りました。
ともかく会場は広い!そして暑い!
でも楽しかったです。皆さんもぜひ一度脚を向けてみてください。

コツをひとつ。
遠方からいらっしゃる方は、ぜひ前日からお越しになって一泊され、それから朝一番でおいでください。
会場が大きいので回りきれないというのが理由の一つ。もう一つは、もしパビリオンの予約を取っていなくても、朝一番で並べば整理券は十分にもらえるからです(実際に我が家はこれで日立館に入れました)。

コツをもう一つ。
子供が歩き疲れたり、熱を出した時は遠慮なく「車椅子」を借りること。
これは理由は申し上げられません。しかし我が家は長男が熱を出したため、車椅子を借りてから非常に楽しく観覧することができました(長男には申し訳ないですが)。

外国館は、ぜひインドに行ってください。ここはいろいろなグッズが売っていて楽しいです!
しかもインド人の皆さんはフレンドリーで、いい人ばかりでした。
200円で「インドの刺青」を入れることができます(数日で消えます)。
ですから本日のCD紹介は「タトゥー」なのであります(笑)。

あとは中国。民族楽器の演奏があって、こちらも楽しめます。
逆に「あれ?」と思ったのはヨルダン。死海を観覧するのですが、観ているだけではただのプール(笑)。
カナダ館には幼児を連れて行ってはいけません。映像がシュールで、しかも結構怖かったらしく(大人が観てもなんてことはないんですが・・・)、泣き出してしまって大変でした。

ちなみに「t.A.T.u.」みたいなお姉さんとお近づきになることもなく、私は熱を出した長男をかかえ、帰宅したのでした。トホホ。


| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2005年7月17日 - 2005年7月23日 | トップページ | 2005年7月31日 - 2005年8月6日 »