« 顛末記その2・・・あおぽんナースに欲情する | トップページ | 顛末記その4・・・あおぽん薬剤師を眼でオトす »

顛末記その3・・・あおぽんナースにひっぱたかれる

またまた続きです。またしても長文です。

8/23(火)の午前10時半頃、再び呼吸困難に襲われたのです。
すぐに仕事に行っていた妻に電話して、再発を伝え、再度病院に行こうと決めました。
しかし、またサザエボンに会う勇気がありませんでした(笑)。香里奈には会いたかったんだけどなあ。

そこで、かかりつけの「広瀬内科クリニック」(しまった、ここの病院WEBサイトが無い!素晴らしい病院なんだけどなあ・・・)に電話しました。
しかし、このときは気が動転して「クスリ、効かないじゃねえか!」と怒りが先に立っていたのです。
で、電話口で、
「お宅で貰った薬、効かないよ!」と怒鳴ってしまいました。
そんなヒマがあったら、診察の予約しろよ!
で、すぐに来いとの返事を受け、広瀬内科までクルマを走らせたのです。

不思議なもので、病院に着くと小康状態になるんですね。
受付で診察券と保険証を出し、椅子に腰掛けたところ、ナースの小笠原さん(この方もベッピンさん)が現れて、熱を測ってくださいと体温計を渡されました。
36度7分でした。
小笠原ナースが再び現れて、「お熱、どうでした?」と聞くから、からかってやれと思い、体温計を返しがてら、
「38度7分」と答えました(笑)。

小笠原ナースは「まあ、結構ありますね~。つらかったでしょ~。(体温計を見て)あ、今ここまで温度が下がったんですね?振ったんですか?」とニコニコしながら矢継ぎ早にしゃべりかけてきます。
その様子があまりにも可笑しかったので、クスクス笑っていたら彼女は気づいたらしく、
「からかったんですね~。も~、イヤ~」とやはりニコニコしながら私に平手打ちをしてきたのです。

これが結構痛かった!
本人は軽くひっぱたいたつもりなのでしょうが、とんでもない話で、結構ヘコんだ気分になりました。
まあ、私が悪いんですけどね(反省)。
で、私の診察の番になり、ホッペをジンジンさせながら先生の前に行きました。
結論は「風邪ですね」とのこと。
ただし、薬を変えてみることになり、肺炎の時に処方する吸引する薬などを出してもらうこととなりました。
そして処方箋を持って隣接する「はまべ調剤薬局」へ行きました。

ここの受付嬢が、実は「京野ことみ」にそっくりなんですよ(そんなんばっかだけど)。
ホントにクリソツ!
この受付嬢のことは以前から知ってはいたのですが(美人だなあ、と思っていたのですが)、話しかけたことはありませんでした。
しかしこの日、ついに殻を破って話しかけてみたのです!

「京野ことみに似ているって言われません?」
「ええ、よく言われます」

ただこれだけの会話。しかし、精神的な充実を得た私は、満足して帰宅しました。
昼食にうどんを食べ、早速薬を飲みました。

しかし数時間後、左耳の調子が悪くなってしまったのです。
水が入った時のような、「ポーン」とした感じになり、イライラして眠れませんでした。
このため、本日三件目となる病院(耳鼻科)に行くことにしたのです。

続きはまた次回に・・・


|

« 顛末記その2・・・あおぽんナースに欲情する | トップページ | 顛末記その4・・・あおぽん薬剤師を眼でオトす »

コメント

キングあおぽんさん、体調を崩されていたのですね。その後いかがですか?私も昔耳がそのようになり、メニエール病と診断されたことがあります。そうじゃないといいですね。

それにしても...オヤジ度が最近急激にアップしてますけど!

投稿: たもと | 2005/08/26 09:25

そんな可愛い人が多い病院なんてあるんですか?
違うところ行ってたりして...(^o^;

投稿: kawamu | 2005/08/26 15:30

たもとさん、こんばんは。

体調を崩したと言っても、風邪で二日会社を休んだだけなんですけどね。
ご心配をおかけしました。

私の場合はめまいなどの症状が出ていないので、メニエールではないと思われます。
しかし、メニエールにかかっていたんですか?大変でしたね・・・

>それにしても...オヤジ度が最近急激にアップしてますけど!

いいえ、オヤジではありません。
ナウなヤングです(笑)。
そんなこと言われたって、実話なんですもん・・・
まあ確かにエロ記事が増えたかな?という自覚はあります(笑)。失礼しました。

投稿: キングあおぽん | 2005/08/26 22:33

kawamuさん、こんばんは。

>違うところ行ってたりして...(^o^;

いえいえ、ホンモノの病院(笑)。

それにしても、京野ことみは本当にそっくりですよ。写真が無いのが残念!

投稿: キングあおぽん | 2005/08/26 22:36

病院関係に美人が多いとは羨ましい……(-。-) ボソッ。体調不良でも常備薬で治すクセは止めよう(笑)。行きつけの歯医者のお姉ちゃんは綺麗ですが(笑)・・・虫歯また作るわけにもいかないしなぁ・・・・。

投稿: Mao.K | 2005/08/27 00:21

Mao.Kさん、度々コメントありがとうございます。

まあ、病院へ行くのにも楽しみがなければ(笑)。
歯医者さんのお姉ちゃん、いいじゃないですか。
「私の心にポッカリ虫歯があいてしまったのです。
あなたに埋めてもらいたくて来ました。治療してください。」
う~ん、イマイチ。

投稿: キングあおぽん | 2005/08/27 15:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85754/5638089

この記事へのトラックバック一覧です: 顛末記その3・・・あおぽんナースにひっぱたかれる:

« 顛末記その2・・・あおぽんナースに欲情する | トップページ | 顛末記その4・・・あおぽん薬剤師を眼でオトす »