« THE POWER STATION(EXPANDED)/ザ・パワー・ステーション | トップページ | ピアノ・マン/ビリー・ジョエル »

ピープル・タイム/スタン・ゲッツ=ケニー・バロン


stan_gets


(今回は、都合上レイアウトを変更させていただきました)

自分の死期がわかったら、人間何を思うのでしょうか?
そして、何をするのでしょうか?
私の場合は、ダメ元でゆうこりんにアタックするなあ(笑)。
「僕、もうすぐ死ぬんだ」なんて言ったら、優しいゆうこりんのこと。デートくらいならOKしてくれるかも(そんなわけないか・・・汗)。

1991年3月に行われた、コペンハーゲンのジャズクラブ「カフェ・モンマルトル」での、テナー・サックスのスタン・ゲッツとピアニストのケニー・バロンとのデュオのライブ盤。
この三ヵ月後、肝臓癌でゲッツは他界します。このため、これがゲッツの生涯最後のライブ演奏であり、生涯最後のレコーディングになります。

自分の死が近いのを感じ、ガンの痛みをこらえながら演奏したこの1枚、ものすごい緊張感です。そしてものすごく悲しいサウンドです。
達観した人間はこのような音色を奏でるのでしょうか。

Disk 2の1曲目「ファースト・ソング」を聴くと、涙をこらえ切れなくなります。
泣きたいときにオススメの一枚です。
みなさん、たまには泣きたいでしょ(そんなことない?)?

|

« THE POWER STATION(EXPANDED)/ザ・パワー・ステーション | トップページ | ピアノ・マン/ビリー・ジョエル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85754/4177423

この記事へのトラックバック一覧です: ピープル・タイム/スタン・ゲッツ=ケニー・バロン:

« THE POWER STATION(EXPANDED)/ザ・パワー・ステーション | トップページ | ピアノ・マン/ビリー・ジョエル »